特定求職者雇用開発助成金
概要
就職が困難な人(高齢者・障害者など)を、ハローワーク(公共職業安定所)、または一定の職業紹介事業者の紹介により継続して雇用する労働者として雇入れた事業主に対して、賃金の一部を助成するものです。
対象者
一般被保険者として雇入れられた、次のいずれかに該当する者が対象となります。
(1)60歳以上の者
(2)身体障害者
(3)知的障害者
(4)精神障害者
(5)母子家庭の母等
受給額
(ア)助成対象期間
a.重度身体障害者、重度知的障害者、45歳以上の身体障害者又は45歳以上の知的障害者を雇い入れた事業主の場合
・雇入れの日から起算して1年6ヶ月間
b.それ以外の対象労働者を雇入れた事業主の場合
・雇入れの日から起算して1年間

(イ)支給対象期ごとの受給できる額
イ.企業の前年の確定保険料を基に国が定めた基準賃金額四分の一(中小企業事業主は三分の一)
一般の被保険者90万円~(大企業は50万円~)
短時間労働被保険者は60万円~(大企業は30万円~)
申請窓口
・ 各企業の所在地を管轄する公共職業安定所